プログラ生活

プログラム初学者のためのポイントを書いていこうと思います。たまに脇道それた記事もありますが、息抜きだとおもって気長にお付き合いください。

【Python連載】ショートカットコマンド -003-

www.pon-x.jp

前回は、JupyterNotebookを起動してプログラムを実行するところまでやりました。 今回は、とても便利なショートカットコマンドを紹介します。
※ショートカットコマンドはキーボード配列が異なるWindowsとMacでは違うので注意してください。

プログラムの実行

代表的なショートカットコマンドは以下の通りです。

操作内容 Windows Mac
セルを実行する Ctrl+Enter Command+Enter
セルを実行し、下のセルに移動する Shift+Enter Shift+Enter
セルを実行し、下にセルを追加する Alt+Enter Option+Enter
コメントアウト Ctrl+/ Command+/
上にセルを追加する A A
下にセルを追加する B B
選択しているセルをカット X X

注意なのですが、上記表で上から4つ目まではセル内で操作しているときに行うコマンドなのですが、下から3つまではセル外で操作するコマンドです。

セル内を操作しているときは緑色になります。
このとき、セルを実行する~コメントアウトまで使用可能。
f:id:hanabusa-snow:20210422085311p:plain

セル内の外側をクリックすると青色になります。
このとき、上にセルを追加する~選択しているセルをカットまで使用可能。
f:id:hanabusa-snow:20210422085340p:plain

ショートカットコマンドはまだまだたくさんある。

ここをおすと・・・ f:id:hanabusa-snow:20210422085559p:plain

一覧が出てきます。
f:id:hanabusa-snow:20210422085616p:plain

以上、今回はここまでです。

■告知 Pythonプログラミングを学ぶ基礎講座を開設しています。
興味がある方は、ぜひこちらから。
無料相談もやっております。

pumpkin-labo.com

【Python連載】JupyterNotebookの使い方 -002-

www.pon-x.jp

前回はAnacondaをインストールしました。
今回はAnacondaパッケージのひとつのJupyterNotebookの使い方を説明します。

JupyterNotebook

前回、AnacondaNavigatorを表示させましたが、そこから呼び出せます。
f:id:hanabusa-snow:20210421083852p:plain


また、直接呼び出すことも可能です。
f:id:hanabusa-snow:20210421083944p:plain


画面が開けたら、右上のNEW→Python3を選択してください。
f:id:hanabusa-snow:20210421084118p:plain


ここにプログラムを書いていきます。
f:id:hanabusa-snow:20210421084151p:plain


まずはファイルを保存するためにファイル名を決めてあげましょう。
下の赤丸をクリックしてください。
f:id:hanabusa-snow:20210421084301p:plain


ファイル名を決めます。
拡張子は勝手につくので考慮しなくてよいです。
f:id:hanabusa-snow:20210421084351p:plain


さきほどのメニューに戻るとしっかりRENAMEされていることがわかります。
f:id:hanabusa-snow:20210421084417p:plain

プログラムの実行

さて、ではプログラムを実行してみます。
適当な計算をかいて、RUNを押してみましょう。
f:id:hanabusa-snow:20210421084708p:plain


実行されて、下にセルが追加されました。
基本的にはこういう感じでプログラムをどんどん書いては追加していくというかんじです。
f:id:hanabusa-snow:20210421084727p:plain


書き換えて何度でも実行可能です。
実行した回数が左に出てきていることがわかりますね。
f:id:hanabusa-snow:20210421084808p:plain


1番下のセルを実行するとセルが追加されるのがわかると思います。
f:id:hanabusa-snow:20210421084837p:plain

以上、今回はJupyterNotebookを起動して、簡単ですが実行方法を紹介しました。
次回以降もプログラムを実行しながら、その他のいろいろな機能を紹介を紹介していきたいと思います。

■告知 Pythonプログラミングを学ぶ基礎講座を開設しています。
興味がある方は、ぜひこちらから。
無料相談もやっております。

pumpkin-labo.com

【Python連載】環境構築 -001-

本日より、Pythonの連載記事を書くことにしました。
Pythonは文法が読みやすく、初心者にはとても学びやすい言語です。
本連載では、データ分析でよく使われるパッケージのAnacondaをインストールして、JupyterNotebookで話題を進めていこうと思います。

Anacondaとは??

AnacondaはPythonでよくつかわれるたくさんのライブラリを一度にインストールしてくれる、お手軽パッケージです。
では、インストール手順を紹介します。

ダウンロード

まずは以下のサイトにアクセスをしてください。

www.anaconda.com


以下のようなサイトが表示されると思います。
f:id:hanabusa-snow:20210420151549p:plain
Products → Individual Edition
の順にクリックしてください。


こんな画面が表示されると思います。
f:id:hanabusa-snow:20210420151837p:plain
Downloadをクリックします。


OSの選択を聞かれるので、ご自身のコンピュータに合わせてクリックしてください。
f:id:hanabusa-snow:20210420152003p:plain
次はインストールです。

インストール

ダウンロードできた実行ファイルを実行すると以下のような表示になると思います。(わたしはWindowsですが、他のOSでもさほど違いはないとおもいます。)


f:id:hanabusa-snow:20210420152103p:plain
I Agree を押す


f:id:hanabusa-snow:20210420152123p:plain
そのコンピュータのどのユーザーにインストールさせるか。
自分だけでよければJust meを押す。


f:id:hanabusa-snow:20210420152312p:plain
インストールする場所を聞かれる。
デフォルトのままでおおよそ問題ありません。


f:id:hanabusa-snow:20210420152453p:plain
オプションの選択です。
「Add Anaconda to my PATH environment variable」は、環境変数のフォルダを追加するかということですが、非推奨(Not recommended)なのでそのままでよいとおもいます。 「Register Anaconda as my default Python 3.7」はAnacondaバージョンのデフォルトのPython3.8でいいですか??と聞いています。特段理由がなければこれもそのままでOKです。


f:id:hanabusa-snow:20210420152735p:plain
インストールがはじまります。
そこそこ時間がかかると思うので気長に待ちましょう。


f:id:hanabusa-snow:20210420152835p:plain
終わるとこんな画面が表示されます。


f:id:hanabusa-snow:20210420152859p:plain

チュートリアルなどのページを開くか確認されます。
必要なければチェックを外してFinish」で終了です。

確認

きちんとインストールできていればANACONDA NAVIGATORというものが開けるはずです。
メニューの検索画面にANACONDAと入力すれば出てくると思います。
f:id:hanabusa-snow:20210420153350p:plain


開いてみるとこんなかんじです。
f:id:hanabusa-snow:20210420153315p:plain

以上、今回はここまでです。
次回はJupyterNotebookを開いて、プログラムを書いてみたいと思います。

■告知 Pythonプログラミングを学ぶ基礎講座を開設しています。
興味がある方は、ぜひこちらから。
無料相談もやっております。

pumpkin-labo.com

初学者に向けた2日間のPython講座を企画してみました!!

f:id:hanabusa-snow:20210416140905p:plain

Python学んでみたい方! 特に、初学者だけど自分ひとりでやるには自信がなくて教えてほしいと思っている方!!

ぜひご参加ください

【Python(告知)】3月20日無料オンラインセミナーのお知らせ

f:id:hanabusa-snow:20210316112215p:plain

前回に続き東京創業ステーションからPythonセミナーの依頼をいただいております。 今回も初学者向けですが演習テーマは前回と変えているので、前回参加された方もぜひまたご参加ください。 3/20 参加費無料です!!

startup-station.jp

【Python(告知)】無料オンラインセミナーのお知らせ

f:id:hanabusa-snow:20210215100601p:plain

Python初学者のための講座やります!!

以前も開催してご好評をいただいたPyhon初学者セミナーを再度実施することになりました。
参加ご希望の方は東京創業ステーションのWebサイトよりお申し込みください。

  1. プログラミングをはじめてみたいがどのようにはじめればよいかわからない。
  2. Pythonを触ってみたいけど、導入をどうすればわかならい。 etc...
    そんな方、ぜひご参加いただければ幸いです。

参加にあたり、制限はなくどなたでも参加OKですので、ご気軽にご参加ください。
また、拡散いただければ幸いですm(_ _)m

ご参加お待ちしております(^^♪

bit.ly

【SQL Server(連載)】動的SQL -45-

www.pon-x.jp

前回の続き

今回は、動的にSQLを生成してみようと思います。

SQLを文字列として変数に格納

これ自体はそんなに難しいものではありません。

DECLARE @SQL NVARCHAR(500)

SET @SQL = 'SELECT * FROM Person.Person'

EXEC (@SQL)

上記は「SELECT * FROM Person.Person」を実行しているのと同じ結果です。
SQL文字列をEXEC()で実行することができます。

こんなかんじ。
f:id:hanabusa-snow:20210214001431p:plain

動的な変数

ここまで読んでくれた方、「これ意味あるの!?」とおもいますよね。
およらく、多くは変数の部分を動的に使うから意味があると思うので、紹介します。

例えば、PersonTypeの値を動的に変えてあげる動的SQLを作成しています。

DECLARE @SQL NVARCHAR(500)
DECLARE @PARAM NVARCHAR(10)

SET @PARAM = '''EM'''

SET @SQL = 'SELECT * FROM Person.Person '
SET @SQL += 'WHERE PersonType = '
SET @SQL += @PARAM

EXEC (@SQL)

結果はこんな感じ
f:id:hanabusa-snow:20210214002126p:plain

SQLでは、文字列はシングルクォーテーションでくくるというルールがややこしいですね。

以下のSQLで出力を確認してみるとよくわかると思います。

DECLARE @PARAM NVARCHAR(10)

SET @PARAM = '''EM'''

PRINT @PARAM

こんなかんじ
f:id:hanabusa-snow:20210214002219p:plain

実は、シングルクォーテーションは文字列をくくる以外に、エスケープという目的があります。
つまり、「'''」は2つ目のシングルクォーテーションが3つ目のシングルクォーテーションをエスケープしているので、
「 '''EM'''」は、1つ目と最後のシングルクォーテーションにくくられている「'E'」ということになるのです。



以上、今回はここまで。